カジノ法におけるオンラインカジノの扱い

オンラインカジノがこれからどうなっていくか

オンラインカジノがこれからどうなっていくか

オンラインカジノがこれからどうなっていくのかと言うことについては、多くのプレイヤーの方が気にしている点だと思います。
オンラインカジノはこれまで法律的にはグレーゾーンということで、合法とも違法ともいえない、どちらでもないという存在でした。

しかし、ついに2018年の7月にカジノ法案が可決されました。
カジノ法案はIR整備法とも呼ばれており、日本国内でカジノを運営することが認められるようになったという法案です。
現在は法律が可決され、成立された段階でありその施工については始まっていません。
法整備を経てカジノが日本国内で運営されていくことになるでしょう。

そうすれば、気になるのがオンラインカジノがどうなっていくのかという点です。

IR整備法とは?

そもそもIR整備法とはどういうものなのかというと、IR整備法はカジノを含む総合リゾート等の複合施設により、社会への還元を目指すというものになります。
単にカジノが合法化されるというわけではなく、カジノを含んだショッピングモールや、ホテル、国際会議場などといった複合リゾートをこれから作っていこうという形で作られたのがこの法律なのです。

しかし、日本国内では設置数が三箇所だけと決められているのでこれから激しい誘致合戦が行われるのではないかという見方がなされています。
また、日本のカジノへの入場も週に3回、マイナンバーカードの提示が義務付けられるなど、依存症対策の一環としてさまざまな決まりが作られています。

オンラインカジノは実際にはどうなる?

そこで、気になるのはオンラインカジノがどうなってしまうのかという問題です。
結論から言うとオンラインカジノに関することはこちらの法案には含まれておらず、記載されていないという状態です。
つまり、現状ではオンラインカジノは引き続き、法律的に合法でもなければ、違法でもないという位置づけです。

オンラインカジノはどうなる?

以前、2013年の衆議院において、オンラインカジノにおいての質問がなされました。
その時も、オンラインカジノについては、違法と断じることはなく、慎重に検討していくという回答がありました。
このため、オンラインカジノが、このカジノ法案設立によって取り締まりを受けてしまうということは考えにくいでしょう。
今後もプレイヤーがオンラインカジノでプレイをしていたからといって、逮捕されてしまったり、摘発される可能性は極めて低いです。

オンラインカジノの事業者側への規制がある

このように、オンラインカジノの法律に関して今後何かが大きく変わるということはありません。
しかし、今後日本のオンラインカジノ業者が日本でカジノを運営していく上で、インターネット上のカジノの運営は禁止されています。
これは、カジノ法案でも記載されている事項です。

こちらについてですが、日本の運営業者が規制されるというだけであり、ライセンスを受けるIR事業者が対象となっています。
今現在で、私達がプレイをしている海外のオンラインカジノが規制を受けるというわけではなく、あくまでも日本の事業者がこれから運営するカジノのみです。
また、オンラインカジノをプレイしているプレイヤーが規制されるというわけではありませんので、安心しておいても良いでしょう。

事業者側への規制があるというだけで、今後オンラインカジノのプレイヤーが取り締まりを受けるということもなさそうです。

なぜオンラインカジノが正式に許可されないのか?

なぜオンラインカジノが正式に許可されないのか?

このたびカジノ法案が成立され、オンラインカジノについても正式に認められることを期待していた方も多いのではないでしょうか。
しかし、結論としては、オンラインカジノはこれまでと同様に違法でもなければ、合法でもないという位置づけであり、その評価は変わらないということでした。
なぜ、日本ではオンラインカジノが正式に認められないのかという問題ですが、これにはいくつか理由が考えられます。

まず、オンラインカジノを正式に日本が認めてしまうと、せっかくカジノ法案で財源を確保しようとしたところ、そのチャンスが無駄になってしまうという理由があります。
オンラインカジノで日本人が遊ぶようになってしまえば、財源を確保することができなくなってしまうといえます。
こういった事情から、日本で正式にオンラインカジノが今回認められなかったのです。
また、オンラインカジノは世界中で続々と合法国が増えつつあります。
そこで、日本が正式に禁止をしてしまうと後々都合が悪いのではないかという理由もあります。
ここで正式に禁止をしてしまうと後から合法化する時に財源に組み込む隙間がなくなってしまい、複雑になってしまうと言った事情も抱えています。

よって、オンラインカジノは今は慎重に様子見されている段階と考えておいて良いでしょう。
これはあくまでも予想ですが、オンラインカジノのプレイヤーはひとまず、自宅でプレイをしていて取締を受ける可能性は低いので、今後も自由に遊んで問題はありません。