ルーレットの賭け方と配当

ルーレット

オンラインカジノの代表的なゲームであるルーレットは、「どの穴にボールが落ちるかを予測する」という非常にシンプルなルールですが、そのシンプルなゲームを楽しむために、チップの賭け方が少し複雑になっています。
今回の記事では、様々な種類があるルーレットの賭け方について説明していきます。

ルーレットテーブル

インサイトBET

インサイドBETは、数字の書かれたエリアにチップを置き、BETする方法です。
チップを置く場所によって賭け方や配当が変わります。
最もリスクが高く、配当が高い書き方が「ストレートアップ」という賭け方です。1つの数字にベットする方法で、0から36の枠の中のどれか1つを決めて、その枠の中にチップを置きます。配当は36倍です。
次に配当が高い賭け方が「スプリット」という賭け方です。これは2種類の数字に賭けることができる方法です。2つの数字にまたがってチップ置きます。配当は18倍です。
その次に配当が高いのが「ストリート」と呼ばれる賭け方です。これは枠の横1列の3つの数字に賭ける方法です。並んだ3つの数字の端にチップを置きます。配当は12倍です。次に配当が高い賭け方が「コーナー」と呼ばれる賭け方です。これは4つの数字にベットする方法で、賭けたい4つの数字にまたがるようにチップを置きます。配当が9倍です。
その次が「ファイブナンバー」という賭け方です。アメリカンルーレットのみに適用される賭け方で「0」「00」「1」「2」「3」という5つの数字に賭けることができます。配当は7倍です。
インサイドベッドの中で最も配当が低いのが「ライン」と呼ばれる賭け方で、6つの数字にベットする方法です。横2列の間の端にチップを置きます。

アウトサイドBET

アウトサイドBETは、その言葉の通り、数字が書かれた枠の外側に賭ける方法です。
配当は低いですが、その分当たる確率も高いです。まず配当が3倍である「コラム」と「ダズン」について説明します。コラムは、縦1列に存在する12個の数字にベットするという賭け方です。縦1列の一番下の端にチップを置きます。ダズンは、横4列合計12個の数字にベットする方法です。ダズン専用の枠が存在し、それぞれ「1から12」「13から24」「25から36」という3つの枠があるので、その中の賭けたいところにチップを置きます。
次に配当が2倍の賭け方について説明します。最も有名なのが「レッド/ブラック」です。ボールが落ちる場所が赤なのか黒なのかを賭ける賭け方です。「ロー/ハイ」もわかりやすい書き方です。数字の前半1から19の18個の数字にベットする方法と数字の後半である19から36の18個の数字にベットする方法があります。最後に「イーブンオッド」があります。これはグースに落ちるか奇数に落ちるかを賭ける賭け方です。

まとめ

このように、ルーレットには11種類の賭け方が存在します。それぞれの賭け方には個性があり、プレイヤーの好みによって賭け方は大きく変わるでしょう。基本的にはそのリスクに見合った配当が支払われますので、どんな賭け方をしたとしても、圧倒的に不利だったり、逆に圧倒的に有利だったりするということはありません。