オンラインカジノとカジノカフェの違い

合法なのか違法なのか

オンラインカジノはなぜ罪にならないのか

オンラインカジノをプレイすることは、普通に考えたら賭博法違反によって罪に問われます。しかし、日本人の中でも愛好者は増えており、オンカジプレーヤーたちが逮捕される様子はほとんどありません。
そもそも、賭博法は「物やお金をかけてゲームをする」ということを禁止する法律です。
100円賭けてクラスの休み時間に行われるようなトランプですら賭博法には違反しているのです。その中で許されているのはいくつかの国営ギャンブルである、競馬や競艇、競輪、パチンコ、スロット、宝くじなどです。これらのギャンブルは、年齢制限に引っかかりさえしなければ大手を振って楽しむことができます。
ということは、国営ギャンブルに該当しないオンラインカジノは、賭博法に違反しているため賭博罪に問われてしまいそうですが、実際のところ、それによって罰せられた人はいません。
なぜなら、オンラインカジノは海外にサーバーが存在するからです。インターネット上のサービスというのは全てに住所のようなものが存在し、その住所は日本にあるのであれば日本の法律が適用されますが、海外にその住所が存在すれば、その国の法律が適用されます。オンラインカジノは、カリブ海を中心としたオンラインカジノを認可している約20の国がオンラインカジノの運営企業にライセンスを発行しています。
つまり、その国の政府が認めているオンラインカジノになるので、法律上も問題はありません。日本人が海外旅行に行き、ラスベガスのカジノで遊ぶように、日本人がインターネットを介して海外のサーバーでギャンブルをするということは罪にはならないのです。

ポリスマン

カジノカフェでオンラインカジノをプレイすると罪になる

しかし、オンラインカジノをプレイすることにより逮捕され有罪になった人もいます。それは、カジノカフェでオンラインカジノをプレイしていた人たちです。
カジノカフェというのは、形としてはネットカフェのようなものなのですが、その中で行われてるのはオンラインカジノを利用したギャンブルです。
客は店に1ポイントを100円で売ってもらい、そのポイント利用してオンラインカジノでギャンブルを行います。ギャンブルに負けたお客さんはそのポイントを失い、ギャンブルに勝ったお客さんはポイントをお金に換金します。
通常、オンラインカジノは海外の決済会社を通して、お金のやり取りが行われるのでキャッシュフローが生まれるまでが遅いのですが、カジノカフェは、当日その場で換金できるということを売りにしてました。
しかし、これが仇となり、カジノカフェは次々と摘発されてしまいました。お金の動きがすべて日本国内で行われていたためです。従来のオンラインカジノであれば、ギャンブル自体もお金の動きも全て海外だったため日本の警察は手出しできませんでしたが、カジノカフェの場合はお金の流れがカフェの店の中で行われていたため摘発されてしまったのです。そのため、オンラインカジノで遊ぼうと思った場合、くれぐれもカジノカフェやインカジを利用してはいけません。